Voice based AI driven credit scoring system

Hishabの信用スコアシステムは機械学習ベースのモデルであり、対象に対して1〜10で自動で評価をします(1は最小評価、10は最大評価)。評価は、個人のファイナンシャルインクルージョン(金融包摂:融資の取得およびMFIまたは銀行からのローンの返済)の能力値を意味します。

Hishabの信用スコアシステムでは、すべてのMSE(マイクロスモールエンタープライズ/零細企業)起業家が通話ベースの心理分析を行います。AI(人工知能)が約30個の質問を行い、各質問に基づいて対話フローが作成され、回答に基づいて次の質問が出されます。

会話に基づいて、音声ベースの嘘発見機能が声のトーンを分析し、虚偽の発言の測定基準に基づく結果を提供します。

心理分析と嘘発見機能により、起業家としての能力や適切な融資金額を評価し、その上で本当に定期的な分割返済を行う意思があるのか判断することができます。

対象者の過去のビジネス記録と融資返済記録(存在する場合)を使用して、ユーザーの行動をより正確に把握し、正確な評価を算出することもできます。

蓄積されたすべてのデータに基づいた信用評価やすべての情報はAPI (Application Programming Interface)を通じてMFIや銀行に共有されます。

BUSINESS

  1. Voice based data input system
  2. Voice based AI driven credit scoring system
  3. AI driven call center connectivity
  4. Voice based dialog engine for e-commerce
  5. Control IoT devise by voice
  6. Data analytics/Business intelligence service